オーガニック

カロリーコントロールとドッグフードの関係

言葉を持たない愛犬達は、自らの体調不良を自覚していたとしても、それを飼い主である私達人間に的確に伝える術を知りません。
加えて犬は本能で食事を摂取するため、。
カロリーコントロールという概念を知らず、食べたければ食べたいだけ食します。
この事を踏まえ、肥満あるいは栄養不足状態となってしまった際の責任は、全て私達側に在ると認識し、的確なカロリーコントロールを常に念頭に置いて食事を与えなければなりません。

ドッグフードは犬の品種別http://josef.boy.jp/nen.htmlに、必要適量の各栄養素を含んだ調合が為されてこそいますが、犬の体格や性質は当然各々違います。
商品の説明書き通りに疑いなく与え続けてしまった場合、時に与え過ぎから肥満を誘発してしまったり、反対に絶対的な分量が少なく、次第に痩せ細ってしまわないとも限りません。
あくまで私達人間側が常に愛犬の体調や体格の変化に注意を払っておかねばならないのです。

仮に皆さんが現在愛犬に与えているドッグフードで、思い通りのカロリーコントロールが出来ていないとお感じであれば、思い切って他の製品に切り替えてみるのも一案です。
例えば乾燥系の製品からウエット系の製品に切り替えるだけでも、犬達が体内に吸収する諸々の栄養素やその度合は確実に変化します。
あるいは食欲自体にも変化が見られるケースも少なくなく、犬達の体質とドッグフードのマッチングの具合が、製品表記上通りのカロリー摂取を実現していない、あるいはカロリー過多という場合も十分想定されるのです。

あるいは飼い主自らが調理するドッグフードを与える事で、カロリーコントロールhttp://www.humanlikeyou.com/005calories.htmlをよりきめ細やかに実践する手法を用いる愛犬家も少なくありません。
手間暇を要してしまいますが、既存の製品では不可能な微調整で、よりベストな食事を準備してあげられるメリットは見逃せません。
自らが自身が食する食事量を犬達は調整出来ない事を念頭に、ぜひ摂取カロリーの数値分量に関しても、最善のケアを心掛けてあげてください。


このページの先頭へ